フィジー留学 ホームステイVS学生寮 徹底比較 オススメはどっち?

留学に行くならホームステイする?それとも学生寮?

語学留学を考えている人の最初の悩みは、ホームステイにするか、学生寮に入るかを決めなければならないという、滞在先の選択です。

実際どちらがオススメですか?とよく聞かれますが、ホームステイにも学生寮にも良し悪しがありますので、明確にどちらが良いとは言えないというのが正直なところです。

しかし、どのようなものかがわかれば自分にとってどちらが適しているのかは判断できるはず。

ということで、ここでは、ホームステイと寮のメリット、デメリットを比較していきます。

ホームステイの場合

ホームステイとは、留学生が、現地の一般の家庭へ寄宿し、寝食を共にしながらその国の文化や生活風土を体験するという制度のこと。滞在先の家庭をホストファミリーと言います。

フィジー留学でも、過半数以上の学生がこのホームステイを選択しています。
img_7884

ホームステイのメリット

会話の機会が多い

フィジー人はホスピタリティに富み、家族を大切にし、いつもケラケラと子供のように笑う話し好きな人が非常に多いです。
また、ホストとして慣れている場合も多いので、たとえ上手に英語が話せなくても、何を伝えようとしているのか理解しようと辛抱強く付き合ってくれます。最初は同じ時間を共有しているだけでも大丈夫。学校で習った英語をすぐに試せるので、良いモチベーションにもなるでしょう。

食事が出るので現地滞在費が節約できる

基本的に平日は2食、休日は3食の食事を用意してくれます。(留学会社や家庭によって違いがあります。)学生寮と比べてやや高い宿泊費となりますが、食事が出る分、現地滞在費節約の助けになってくれるでしょう。伝統料理などを教えてもらえる機会もあるかも?

その国の文化や生活体験ができる

ホームステイの第一の目的は、「その国の生活を体験すること」です。
フィジーの歴史や文化などを教えてもらったり、一緒にテレビを見てあれこれ言ったり、日曜日には教会に一緒に連れて行ってもらったりと、まさにホームステイでしかできないたくさんの経験があります。
日本人にはあまり馴染みがないため、カルチャーの違いを特に感じさせられるのは、宗教について。フィジーは信仰の深い家庭がとても多く、フィジー系の家庭であれば、キリスト教が一般的。インド系の家庭はヒンドゥー教かイスラム教です。それに伴い、食事や休日の過ごし方などにも家庭によって違いが出てきます。

第二の故郷ができる

前向きな気持ちで、ホストファミリーと良好な関係が取れれば、その留学は一生ものの思い出になることでしょう。あなたにとって、「また行こう」ではなく、「帰ろう」と思える場所になるはずです。

今はSNSなどで簡単に連絡を取ったり、相手の状況がわかったりする時代です。留学を終えてからも、近況を報告するなど定期的に連絡を取り合ったりして、本当の家族のような仲になれれば最高ですね。

img_7451

ホームステイのデメリット

家族の生活リズムに合わせられない場合

家庭にはそれぞれルールが存在します。食事や休日の過ごし方、シャワーを浴びる時間が決まっていたり、門限などがあったり…ほんの些細なことから、普段の生活とかけ離れすぎていることまで様々。それによりフラストレーションが溜まってしまうことも。こうなると留学どころじゃなくなります。
どうしても我慢できない場合は、NOとしっかりと意思表示できる強い気持ちを持ちましょう。

学校から距離がある場合がある

家庭によっては、学校までバスで30分かかるなんてことも珍しくありません。徒歩0分の寮生活が羨ましく感じる方もいるのでは。

英語以外の言葉が飛び交う?

フィジーは公用語は英語ですが、フィジー系の人はフィジー語、インド系の人はヒンディー語などと言ったように、人種によって第一言語を別に持っていることが多いです。当然、自分と話すときには英語で会話してくれますが、家族同士の会話は母国語という家庭も多くあります。

【ホームステイ】こんな人にオススメ!

  • その土地の文化や風習、歴史に興味がある
  • あまり細かいことを気にしない
  • 新しい環境でも柔軟に対応できる
  • チャレンジ精神旺盛でその場を楽しむことができる
  • 「習うより慣れろ」と思っている
  • ホームステイする際の注意点

    100%快適を求めないこと

    例えば、友人の家に泊まりにいった時のことを思い出してください。気心知れた友達の家でさえ、ものすごい気を使いませんか?
    自分の住み慣れた場所を離れるというのはそういうことです。ましてや相手は外国人です。海外だから大丈夫、行けばなんとかなるというのは大間違いです。他人の家にお邪魔する、あの少し窮屈な感じが数ヶ月続くのだという意識を持つようにしてください。

    貴重品管理は責任を持って

    フィジーは発展途上国。どんな貧乏学生でも、彼らから見れば日本人留学生は超お金持ちなんです。念には念を、自分の貴重品はしっかり自分で管理するようにしてください。また、今ではだいぶ現代的になってきてはいるので、そこまで強くは感じられないですが、フィジーには遺伝子レベルで「自分のものはみんなのもの」というシェアリングの風習が根付いています。共用スペースには、あまり高価なもの、大切なものは置いておかないように気をつけてください。

    スタートが肝心

    「英語が話せるようになってから、自信が持てるようになったらホストファミリーと話してみよう」では、最後までコミュニケーションが取れずに終わります。大切なのは仲良くなりたい、もっと色々なことを知りたい、という気持ちだけです。英語はあくまでも単なるツールでしかありません。勇気を持ってコミュニケーションをとってみてください。最初は無理してでも、挨拶だけでも、一言だけでも。きっとその後のホームステイライフに大きく影響してくるはずです。

    引きこもりにならないように注意

    ホームステイをしている留学生の中には、カルチャーショックや慣れない生活環境、コミュニケーション不足などから、自室から出られない、いわゆる「海外引きこもり状態」になる人が少なからずいます。こうなってしまったらなんのためのホームステイなのかわかりません。一世一代の留学です、後悔のないように。

    ホストファミリーはホテルスタッフじゃない

    お金を払って留学しているのだから、語学力も、コミュニケーション能力も与えてもらえると思っていませんか?ホストファミリーだから、面倒みてもらって当たり前。なんでやってくれないの?という思いを持ってしまうようであれば、ホームステイはしない方が良いです。

    相手も人間。多くを望まない、期待しすぎないが鉄則です。自分が楽しませてあげる、役に立てるようになるぐらいの気概で臨んでいけたら理想ですね。

    dsc_1633

    学生寮の場合

    「フィジー留学に行くなら?語学学校比較」の記事でもご紹介しましたが、フィジーには現在4つの語学学校があり、それぞれ学生寮を持っています。

    留学=ホームステイと思っている人もいるほど今はホームステイが多数派ですが、実際学生寮ってどうなの?ということで、ここから寮のメリット、デメリットをご紹介します。

    学生寮のメリット

    学生ならではの体験ができる

    授業でわからなかったところを教えあったり、一緒に料理を作ったり、気の合う友人で集まって週末にプチ旅行…などなど、留学しなければ出会えなかった友人と、かけがえのない思い出がたくさんできるでしょう。

    場所によっては快適ホテル滞在も

    学校によっては、まるでちょっとしたリゾートホテルのような一人部屋の学生寮などもあります。温暖な気候と相まって、ゆったりリラックスできること請け合いです。

    費用が安い

    どの学校でも、学生寮の方が費用が安くなるので、コスト派の方にはオススメです。

    学校までの距離が近い場合が多い

    学校と併設している場合はなんと徒歩0分!!
    ホームステイだったらどうしてもかかってしまう通学時間を勉強時間に当てられたり、忘れ物をしてもすぐ取りに行けたり、お昼ご飯を食べに部屋に戻ったりと、物理的距離が近いことは多くのメリットがあります。朝が弱い人にももってこいですね。

    s__3358728

    友人を作りやすい

    誰も知らない土地に一人というのは想像以上に不安になるもの。そんな時、学生寮なら、同じ志を持った人とすぐに友達になれるというメリットがあります。
    海外留学に行く人は社交的な人も多いため、人見知りや引っ込み思案な方でも安心、誰かしら声をかけてくれるはずです。

    誰に気を使うことなく自分の生活リズムを作りやすい

    個人的に、寮の一番のメリットはここではないかと思っています。
    ホームステイは多くを経験できますが、その分ストレスが溜まりやすい環境とも言えます。寮生活は、共同生活と言えど、自分の生活は自分で面倒みるのが基本。いつ寝ても、いつ起きても、いつシャワーを浴びても、誰にも何も言われません。気をとられることが少ない環境と言えるでしょう。

    しっかり自己管理ができる方で、自分のペースで勉強、生活をしていきたいと思っていたら、学生寮の方が適しているかもしれません。

    img_7817

    学生寮のデメリット

    自分の生活を自分で面倒みなければならない

    メリットでもお伝えしたことですが、裏を返せば、容易にダラダラ生活ができるということです。目標を持って海外留学に来たにもかかわらず、羽を伸ばしすぎて目的を見失う人が多くなるというのも事実。みんながやってるから(やっていないから)いいや、という気持ちになりやすい環境でもあるので、しっかりと自分を律する心が必要です。

    日本人とずっと一緒にいると英語力が伸びないことも

    学生寮で出会った日本人と楽しい共同生活…も素晴らしいですが、よく周りを見てみてください。ホームステイでは、家族の会話を聞いてリスニングしたり、自分がその日にあったことをホストファミリーに報告したり、英語を教えてもらったりと、とにかく英語に触れる機会がたくさんあります。気づいたら、同じクラスの人に大きく差をつけられていた…なんてことも…?

    【学生寮】こんな人にオススメ!

  • 意思が強い
  • 自己管理がしっかりできる
  • 人見知りでコミュニケーションに不安がある
  • とにかくコスト重視
  • 自分のペースを保ちながら学習したい
  • 学生寮滞在時の注意点

    自分に厳しく

    学生寮は上手に使えば最高の環境になり得ます。そうするためには、徹底した自己管理能力が必要になります。目的と目標をはっきりさせ、周りに流されない強い気持ちを持って挑んでください。

    意外とかかる食費 やりくり上手になろう

    学生寮の留学生は1日3食自分で面倒を見なければなりません。結果的にホームステイの方が安いじゃん!ってことも往往にしてありますので、特に食費に関しては気をつけて管理してください。

    余談ですが、フィジーには$3-5(180-300円)程度で安く食事できるレストランも多く、学生の強い味方となってくれるのが良いところでもあります。

    自分にあった留学スタイルを!

    留学は人生の転機にもなり得るとても重要な機会ですから、なるべく後悔しないようにしたいですよね。そして、滞在先を決めることは留学生活を良し悪しをきめる非常に重要な決断です。

    ホームステイにも学生寮にも良いところと悪いところがあります。それぞれの特徴を理解した上で、留学の目的と自分の性格をしっかりと吟味し、滞在方法を決めるようにしましょう。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします