大学生・社会人のための「英語3000時間の法則」とは??

みなさん、英語3000時間の法則って聞いたことありますか?
実は、英会話を習得するのに必要な時間がおよそ3000時間という法則が存在します。

今まで一生懸命にリスニングや発音・スピーキングを勉強してもなかなか上達しなかった方は、物理的な時間量が不足していただけかもしれません。
今回は、細かい英語学習ノウハウではなく、学習量を軸に英語習得を考えていきます。

「英語3000時間の法則」って??

3000時間って何時間だよ!!

 

そんな声が聞こえてきそうですね (笑)

3000時間というと膨大な数字すぎて実感がわかない人がほとんどではないでしょうか。

わかりやすくいうと、次のように言い換えることができます。

  • 1日1時間なら、3000日(8年強)
  • 1日2時間なら、1500日(4年強)
  • 1日3時間なら、1000日(3年弱)
  • 1日6時間なら、500日(約1年3ヶ月)
  • 1日8時間なら、375日(約1年)
  • 1日10時間なら、300日(約10ヶ月)
  • どうでしょう。これならなんとなく出来そうな気がしてきた人もいるはずです。
    今自分が置かれている状況などを加味して、学習計画を立てるときの参考にしてください。

    中高英語ですでに1000時間こなしているはず。

    ここで朗報です。
    英語3000時間の法則では、3000時間のうち、1000時間はすでに中学・高校の英語の授業で済んでいると考えられています。

    つまり、中学高校と真面目に授業を受けていた方なら、残り2000時間となります。
    楽になりましたね。

    ただし、これはあくまでも「真面目にインプット」していた人に限ります。学校には行っていたけど、中高英語はほぼ理解できていないという社会人の方は、イチからのつもりで取り組んだ方が良さそうです

    「英語3000時間の法則」の注意点

    ただなんとなく英語に触れて3000時間過ごしているだけでは、もちろん習得することはできません。この法則を最大限活用するために注意したいことを2つご紹介します。

    インプットとアウトプットは1:2で

    「1000時間はインプット、2000時間はアウトプットに費やせ」というのが英語3000時間の骨子です。

    インプットとは、主にリスニング、リーディングです。アウトプットは、主にスピーキングとライティングが該当します。

    また、インプットを終えてからアウトプットではなく、全ては同時並行です。インプットが足りないとか、リスニングに自信がないから喋れないなどと足踏みせず、同時並行的にアウトプットを重視しながら学習を進めていくことが重要です。

    細かく記録を取る

    英語を勉強したら、英語ノートや手帳に細かく記録し、あとどれくらい時間を割く必要があるのかを見える化しましょう。なんとなくやるよりも、しっかり記録していくことで英語学習を続けるモチベーションにもなります。

    ただ、リスニングを漫然と聞き流している時間と、英会話している時間は、同じ1時間でも効果が違うものです。そのため、私は、エンタメ性や受動性を考慮して、英語の学習時間を編集していました。以下の通りです。

    項目 実測値 10分学習したときの効果
    オンライン英会話・スピーキング 時間通り 10分
    リスニング聞き流し 時間×70% 7分
    英作文やシャドーイング 時間×50% 5分
    洋画・海外ドラマ 時間×40% 4分

    このように、実測値を計り、アウトプットを意識すると集中力も増します。独学で勉強していると分からなくなってしまう自分のレベルも、記録を取ることで、自分がいま何合目にいるのかが一目でわかるようになります。

    効果的な英語のアウトプット方法3つ

    単語を暗記したり、YouTubeやPodcastでリスニングしたりと、英語のインプットは比較的取り組みやすいといえるでしょう。一方、アウトプットする機会を持つことはなかなか難しいですよね。そこで、私がおすすめする英語のアウトプット方法を3つご紹介します。

    オンライン英会話・駅前留学

    プロの講師が教えてくれるので、初心者でも安心して会話することができ、絶好のアウトプットの場になります。オンライン英会話なら月数千円で始められるところも増えてきました。まずは、気になるスクールの無料体験から始めてみてはいかがでしょうか?

    独学でインプットした英語を、試して、学んで、練習して、また試してを繰り返し、積極的に英語学習に取り組みましょう。

    外国人の友達を作る

    日本国内でも海外の友だちを作ることはできます。手軽にできておすすめなのは、「友達の友達を紹介してもらう」こと、そして「シェアハウスに住む」という方法もあります。自分の友達に外国人がいないなら、まず、日本人の友達のツテを頼ってみましょう。案外、近くにいたりするもんです。

    聞いてみたけどいなかった場合や、そもそも聞くのも面倒という人は、思いきってシェアハウスに住んでみてはどうでしょうか。

    実際、私もシェアハウスに1年ほど住んだことがあり、オーストラリアやアメリカ、中国、ポルトガルと多種多様な国の友だちができました。短期間でも良いので、国内留学と思って住んでみると、生活に根ざしたリアルな英語を実践できるかもしれません。

    海外留学

    英語を習得するなら、海外留学するのが一番手っ取り早い方法です。しかし、海外に行けば英語は話せるようになる思っている人も多いので、注意点をお伝えしましょう。

    まず、学校の授業を受けているだけでは、なかなか習得までには至らないのが正直なところです。英語3000時間の法則に当てはめて考えてみても、語学学校の授業は1日5時間が一般的なので、週5日で25時間、1ヶ月で100時間、1年間留学して1200時間です。3000時間にはまだまだ遠いのがわかります。

    しかし、授業以外の活動で、留学時の英語習得度が大きく変わります。街を歩いていても外国人ばかりの環境は、必然的にアウトプットをする機会に多分に恵まれています。ホームステイの家族と話したり、土日に現地でできた友人と一緒に出かけるなど、積極的に英語環境に身を置いて自ら動いていきましょう。

    せっかく留学するなら、学校外でのアウトプットを平日は1日1時間・休日は5時間ずつ確保したいですね。仮にこのように計算すると、1年間で学校外で毎日、平日240時間・休日480時間のアウトプット時間が確保されます。授業とあわせて1920時間になりました。留学前にしっかり自習していたなら、トータルで3000時間達成できる人もいるのではないでしょうか。

    しかし、常に英語の環境に身を置き続けることは精神的に苦しい部分もあります。
    1年間で英語を話せるようになるには、かなり自分に厳しくしてハードな毎日を過ごさないといけません。

    やはり、そのために事前準備が大切です。時間量の面でもメンタル面でも留学前に準備してし過ぎなことはありません。もちろん、留学前に実践を積むことが一番です。オンライン英会話や英語スクールに通ってトレーニングしておくことで、より留学先での時間が濃いものになるでしょう。

    コツコツ積み上げることを意識して

    地道な努力は決して裏切りません。アウトプット中心に、3000時間走り切って英語を話せるようになりましょう。きっと世界はあなたを待っています。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    \ フィジー留学の相談なら /

    フィジー留学

    フィジーってどんなところ?

    費用は?どの学校を選べば良い?

    フィジー留学にまつわるご相談を

    電話やSkypeで受付中!

    毎週末説明会も開催してます!


    LINEで問い合わせ

    FIJIANWALKERのLINE@です。フィジーの旅行や観光に関すること、留学のご相談など、なんでもお気軽にご相談ください。

    友だち追加



    フィジー基本情報