フィジー唯一の世界遺産!古都レブカ(オバラウ島)を観光する

2013年フィジー初の世界遺産となった、歴史ある海沿いの街「レブカ」をご存知ですか?

レブカは、「フィジー最古の○○」や、「フィジー初の○○」などといった多くの歴史的建造物をもち、まるで時代が止まっているかのようなノスタルジックな雰囲気を漂わせる、離島の小さな都市です。

リゾートのイメージが強いフィジーの島々において、少し異質な存在のレブカ。今回はそんなレブカの魅力をご紹介します。

レブカ(オバラウ島)はこんなところ

フィジー最大の島、ビチレブ島から東に15kmほど離れたところに位置する、人口約1万人の小さな島「オバラウ島」。
ここオバラウ島の東部にある都市「レブカ(Levuka)」は、イギリス植民地時代のフィジーの首都であり、またフィジー唯一の世界遺産にも指定されている重要な場所です。

さざ波の音がただよう街のいたるところに突如として現れる、100年以上も前のコロニアル建築。アンバランスなように見えて、これがレブカの独特の風情を感じさせています。

レブカの歴史

ここで、古都レブカの歴史についてざっと振り返ってみましょう。

POINT

  1. 1874年〜1882年にフィジーの首都だった
  2. 1960年代には日本企業も進出している
  3. 2013年世界遺産に登録

この地域はもともと、ココヤシとマンゴーの木に囲まれた小さな海辺の村でした。19世紀前半ごろには「ベシュ・ド・メール」と呼ばれる、南太平洋の地域で珍重されていたナマコの交易が盛んになり、欧米人によって徐々に開拓されていくようになります。

フィジーがイギリスの植民地となったのは1874年のこと。この時のフィジー王ザコンバウがレブカを拠点としていたことから、植民地となる際の調印式もここで行われ、正式にフィジーの首都となったのです。
これを境に、レブカは最盛期を迎え、捕鯨基地や綿の貿易拠点として栄えて行くようになります。多くの入植者により人口は増え、英国風の建築物も多く建っていきました。

しかし、レブカの繁栄は長くは続きませんでした。

レブカは海沿いに南北へと伸びる細長い地形で、すぐ後ろは山岳部という、開発が難しい土地です。地の利があるビチレブ島のスバに首都が移ったのは、レブカが首都になってからわずか8年後の1882年のことでした。

島の人口も徐々に減少。しかしその分、街の穏やかさが取り戻されていきます。

levuka
ビーチストリート(レブカのメインストリート)の様子 Picture 090 / Kai Johnson

第二次世界大戦後の日本の高度成長期にあたる1964年には、日本の商社によって水産物加工工場がレブカに建設され、これにより地域に多くの雇用を生みだしました(現在ではこの工場の資本はアメリカに移っています)。

そして20世紀後半には、フィジー植民地時代の歴史的建造物が多く残るレブカの特徴的な街並みへ関心が高まっていきます。
世界遺産の暫定リストになったのは1999年のこと。そこから14年を経て、2013年ついにフィジー初の世界遺産登録となりました。

イギリス植民地時代に急速に発展し、その後首都が移ったことにより急速に衰退した古都レブカ。時代に翻弄され、経済的には本島に置いていかれる形となってしまいましたが、その反面、時代に取り残されたからこそ生き残った多くの建造物によるレブカ独自の風景が世界遺産になったんですね。

繁栄を続ける都市であればここまで多くの建造物は残っていなかったことを思うと、遷都してよかったことも多くあるのかもしれません。

レブカ観光の見どころは?

levuka
左からレブカ・パブリックスクール、セイクリッド・ハート協会、ミッション・ヒル、領土割譲締結の地

レブカには、多くの歴史的建造物がみられ、そのほぼすべてが徒歩圏内にあります。カメラ片手にぶらり旅にはもってこいです。

ここでは、レブカ観光で押さえておきたい主な見どころをご紹介します。

レブカ・パブリック・スクール

レブカ
1879年に開校したフィジー初のパブリックスクール。今も地元の子供達が元気に通っています。

セイクリッド・ハート協会

写真左から2番目。1866年建設。石造りの時計台がトレードマークです。

ミッション・ヒル

写真右から2番目。別名「199段の丘」(でも実は199段じゃないらしい。(笑)なぜこの名前に…)。この階段を登りきったところからの絶景もぜひ味わってください。

領土割譲締結の地

写真右。1874年、フィジーが正式にイギリスの植民地となった時に条約が結ばれた場所です。3つの白い台座の上に石碑が建てられており、真ん中にはフィジー国旗が掲げられています。青い海、緑の芝、ココヤシの木とこの石碑が綺麗なコントラストを生み出しています。

ロイヤルホテル

Photo by fiji-hotels.com.fj

フィジー最古のホテル。木造2階建の歴史あるホテルは今もなお現役で営業を続けています。

コミュニティセンター(旧MH1号店)


フィジー発祥のスーパーマーケットチェーンMH。いまではフィジー各地に見ることのできるMHですが、1868年に1号店としてオープンしたのがこのレブカ店でした。今では、図書館や博物館も入っているコミュニティセンターへと変わり、レブカの歴史や当時の生活が垣間見れる展示などもあります。
当時を復元した「Morris Hedstorm Ltd」の看板が目印です。

レブカへの行き方

レブカへは、フィジーの首都スバから、「国内線で行くか」「フェリーで行くか」を選ぶことになります。

飛行機で行く

Picture 096 / Kai Johnson

飛行機の場合は、Northern Air Servicesという会社でフライトの予約をすると良いでしょう。
ナウソリ空港を出発し、約15分での到着です。運行は月曜日〜土曜日で、片道運賃はFJ$85.75(2018年1月現在)です。

フェリーで行く

フェリーで行く場合は、Patterson Brothers Shipping Ltd.という会社での事前予約が必要です。予約は、スバ市内にある同社の事務所にて行なってください。ただこの事務所が結構見つけづらいので、早めに地元の人に道をたずねるのがおすすめです。(笑)

【パターソンブラザーズ スバ事務所】

住所:Suite I & II
Epworth House, Nina St, Suva, Fiji

電話番号:(+679)3315-644

片道運賃は、フェリー+バスでFJ$29.40(2018年1月現在)です。

スバ市内からバスで約2時間のところにあるナトビ港より、ブレサラ港(オバラウ道)行きのフェリーに乗ります。フェリーを降りたら、バスに乗り継ぎ、島をぐるっと半周(しかも舗装されてない道をひたすら行くので途中で心配になる)して、レブカへ到着します。

値段的にはお得なのですが、このコースだと、ものすごい時間がかかります。

  • スバ出発→バスで2時間→ナトビ港
  • ナトビ港→フェリーで1時間→ブレサラ港
  • ブレサラ港→バスで1時間→レブカ到着

ただし、地元の方も多く乗っているので、かなりの確率で友達ができます。(笑)

お金持ちの方は飛行機で、時間持ちの方はフェリーで行ってみてください。

いずれにしても、早めに計画を立てることをおすすめします!!

まとめ

レブカは、フィジーの中でもかなり独特の雰囲気を持っている場所です。世界遺産というにはいささか地味ですが(ごめんなさい)、なかなかユニークで面白い街だと思います。

特に、フィジーに長期滞在される方などは、ほかの島とは一味違う魅力があるレブカに、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで問い合わせ

FIJIANWALKERのLINE@です。フィジーの旅行や観光に関すること、留学のご相談など、なんでもお気軽にご相談ください。

友だち追加



\ フィジー留学の相談なら /

フィジー留学

フィジーってどんなところ?

費用は?どの学校を選べば良い?

フィジー留学にまつわるご相談を

電話やSkypeで受付中!

毎週末説明会も開催してます!

フィジー基本情報