【7人制ラグビー】セブンズシリーズ ドバイ大会 優勝は南アに。フィジーは9位

以下は、2019年12月8日のFBC NEWSより翻訳したフィジーの現地最新情報です。
参照元:https://www.fbcnews.com.fj/sports/sevens/123south-africa-crowned-dubai-7s-champs/

ドバイで行われているセブンズシリーズの決勝線が8日行われ、ディフェンディングチャンピオンであるニュージーランドは15-0で南アフリカに敗れました。

南アフリカ代表は、ニュージーランド代表にトライとボールキープを取られないような見事な試合運びをみせます。前半7分、南アフリカ代表のキャプテンであるSiviwe Soyizwapiが先制トライ。5-0と南アフリカリードでハーフタイムを迎えます。

後半のニュージーランドの致命的なミスによるペナルティが、試合の流れをさらに加速させます。後半は、南アフリカ代表のChris DryとSeabelo Senatlaが追加で2回のトライに成功しました。

本マッチの勝利により、南アフリカは累計22ポイントを獲得し優勝。南アフリカにとって7回目となるドバイセブンズのタイトルです。ニュージーランドは19ポイントで2位、3位は17ポイントのイングランド、フィジーは8ポイントで9位という結果になりました。

一方、女子セブンズのニュージーランド代表チームは、決勝でカナダ代表を17-14で破って女子トーナメントを制しました。ニュージーランドとアメリカは36ポイントで同率首位、32ポイントでオーストラリアが続きます。フィジアナ・セブンズは10ポイントで8位でした。

\ フィジー留学の相談なら /

フィジー留学

フィジーってどんなところ?

費用は?どの学校を選べば良い?

フィジー留学にまつわるご相談を

電話やSkypeで受付中!

毎週末説明会も開催してます!

フィジー基本情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします