レストランで食事する!フィジー滞在中に使える一言英会話

海外生活でかかせないのは食事。
お腹が減っては旅行も留学も楽しめない!
ということで、今回は、フィジーのレストランで使える会話をご紹介していきます。

英語でサラッと料理をオーダーできればより楽しい時間が過ごせるはずです。比較的短い文章で覚えやすいものが多いので、例文を繰り返し練習して、実際に現地でも使ってみてください。

フィジーのレストラン事情

フィジーでは、予約を取らないと入れないような高級レストランは少なく、ドレスコードもほとんどありません。
基本、サンダル、短パン、Tシャツで問題なしです。

ただし、一部のお店やリゾートホテル内のレストランなどではドレスコードがある場合もあるので、高級店に行く時にはあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。
Is there a dress code?」と聞けばOKです。

一方、タウンの中にある小さなお店などでは、クレジットカードが使えないところが多くあります。街場のレストランに行きたい時は、現金を用意しておくと安心です。
尚、フィジーにはチップの習慣がないので、お会計の時に焦らなくても大丈夫です。

そして、レストランにもよりますが、ウェイターさんは日本ほど丁寧に接客してくれない、と心得ましょう。
呼んでもなかなかこない、サボってる、お客さんと一緒にテレビ見てる、食べ終わったらすぐ片付けちゃう(または全然片付けてくれない)などなど、気になることも多々あります。笑

しかし、フィジー人は持って生まれたホスピタリティがあります。まるで友達同士のような、とても人間味あふれる対応をしてくれるため、もしかしたら、レストランでの食事は想像以上の楽しい時間になるかもしれません。

レストランでの英会話

フィジーのレストランでの会話は、単語数も少なく、店員さんが話すスピードもゆっくりなので、英語ネイティブの国(アメリカやイギリス、オーストラリアなど)と比較しても簡単です。

単語だけでも十分いけますが、せっかくなので、しっかりとしたセンテンスで店員さんとの会話を楽しみましょう。

1. 入店する時

店員

Bula! How many people?
(こんにちは!何名様ですか?)

お客さん

Bula. We are two.
(こんにちは。2人です。)

店員

You can sit anywhere you like.
(お好きな席へどうぞ)


2. 英語で注文する

お客さん

Excuse me. I’d like to order,please.
(すいません、オーダーをお願いします。)

店員

Sure.
(はい。)



※店員さんの方から注文を聞きに来てくれることもあります。

店員

Are you ready to order?
(ご注文はお決まりですか?)

お客さん

I’ll have the chicken fried rice.
(チキンフライドライスをください。)

店員

Would you like something to drink?
(何かお飲み物はいかがですか?)

お客さん

Can I have tap water?
(お水をください。)

店員

Anything else?
(他に何かご注文はありますか?)

お客さん

That’s it.
(いえ、以上です。)

オーダーは基本的に、

  • I’ll have~
  • I’ll take〜
  • Can I have~
  • Can I get〜
  • I’d like~

などで注文します。
tap water」は水道水のことです。フィジーでは水道水は飲めるので、バジェット派の方はこのように頼めば無料のお水がもらえます。
不安であれば、有料のミネラルウォーターか、メニューの中から何か選びましょう。

ちなみに、何も言わないと飲み物が出てこないことも多いです。

フィジーでよく見るシチュエーション

ここでは、フィジーでよくあるシュチュエーションに合わせたフレーズをご紹介します!

フィジーのローカルレストランだとメニューの詳細が書いていないことが多く、一品料理を頼むと、それにご飯がついてくることがあったりなかったり。(特に中華系のお店)

テーブルに一品料理と同じ数のご飯がずらりと並ぶ…。というようなことを回避するためには、
「この料理にはご飯が付いてきますか?」と先に聞いてみましょう!

お客さん

Dose it come with rice?
(これにはご飯が付いてきますか?)

「〜はついてきますか?」と聞きたい時、このフレーズの「rice」の部分を「a soup」や「a drink」に変えて使うことができます。便利!

そして、フィジー人はお米も食べますが、イモ類(キャッサバ、タロイモ)が大好き!
レストランではご飯の代わりにキャッサバ、タロイモを注文できるところもあります。

キャッサバは繊維の多いじゃがいものような味のイモで、タロイモは味や食感は里芋に近いです。でっかい里芋です。

僕の感覚ですが、タロイモはご飯の5倍腹持ちがいいです!

それでは、変更できるか聞いてみましょう!

お客さん

Can I get cassava instead of rice?
(ご飯の代わりにキャッサバは注文できますか?)

3. トラブルがあったら

注文した料理がこない

フィジーの人たちはすごいのんびりです!
これはフィジーあるあるですが、注文してから出てくるまで日本では考えられないほど遅い時があります。
全然こない、どうしよう…と、ドキドキハラハラしますよね?
そんなときはこのフレーズで聞いてみましょう!

お客さん

Excuse me. My order hasn’t come yet.
(すいません、私の料理、まだ来ていないんですが…)

ウェイターさんがフィジアンのオバさんだと、きっと、こんな風に可愛く言ってくれるでしょう。

店員

Oh my dear, so sorry. Let me check on your order eh.
(あら、やだ。ごめんなさいね。ちょっと確認してくるわねっ)



元気のいいお兄ちゃんだと、こんな感じでしょうか。

店員

No worries! it’s FIJI TIME! hyahyahyahya!
(ダイジョーブ!フィジータイムだよ〜はっはっは)


注文していない料理が来た

これもあるある。よく間違えちゃうんです。そんな時はこう言いましょう。

お客さん

I didn’t order this.
(これ、頼んでないですよ。)

4. お会計

美味しい食事を食べて、楽しい時間を過ごしたら、いよいよ退店。
お会計は、基本的にはテーブルチェックの場合が多いです。

店員

Finished?
(こちらのお皿はお済みですか?)

お客さん

Yes. Can I have the bill, please.
(はい。お会計お願いします。)

店員

Here you are.
((伝票を持ってきて)こちらでございます。)

お客さん

Can I pay by credit card?
(カードでも良いですか?)

店員

Yes. Of course you can.
(はい、もちろんです。)



いかがでしたか?
レストランでの会話はシンプルで、難易度は高くありません。しっかり練習して、スマートにオーダーする余裕を持って挑みましょう。

また、レストランには地元出身のウェイターさんもいるはずなので、色々な現地情報を教えてくれたりすることも。タイミングを見て話しかけてみると、すぐに仲良くなれると思います。

それでは、楽しいフィジー生活を!

\ フィジー留学の相談なら /

フィジー留学

フィジーってどんなところ?

費用は?どの学校を選べば良い?

フィジー留学にまつわるご相談を

電話やSkypeで受付中!

毎週末説明会も開催してます!


フィジー基本情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします