永崎裕麻さん新聞

情報化社会のいま、留学をする価値とは?フィジー英語学校カラーズ 永崎裕麻氏インタビュー

オンライン英会話やAI英会話アプリなど、家にいながら英語が学べるツールやサービスはどんどん出てきています。そんな中、海外へ留学する意味は本当にあるのでしょうか。今回は、フィジーで英語学校を運営するカラーズ校長の永崎裕麻さんに、留学の本当の魅力について教えてもらいました。

永崎裕麻氏 略歴

「旅・教育・自由・幸せ」を人生のキーワードとして生きる旅幸家。
2年2カ月間の世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2014/2016/2017)のフィジー共和国へ07年から移住し、現在13年目。ライフスタイルをアップデートする英語学校カラーズ校長。

100カ国を旅し、14カ国で留学した経験を活かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダー/教育ファシリテーターとして参画。教育企画の立案、ライターとして「ハフィントンポスト(日本版)」「ライフハッカー」「クーリエ・ジャポン」などで執筆、「幸せに気づくコーチング」、「40歳定年」などの活動もしており、フィジーと日本を行き来するデュアル・ライフを実践。19年からは「幸福先進国」であるデンマークやオランダも加えた多拠点生活にも挑戦中。

大阪府生まれ(1977)。神戸大学経営学部卒業。二児の父。著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

フィジーの方々の協力によって「フィジーの非常識な幸福論」のデザインが刷新!

14ヶ国で留学を経験

— ご自身も多くの国で留学を経験されたことがあるとお聞きしました。具体的には、どの国に行かれていたんですか?

ゆうま
全部で14ヶ国です。英語留学ではオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、グアム、マレーシア、シンガポール、バリ、フィリピン、台湾へ。その他、スペイン語を学びにエクアドル、ボリビア、グアテマラに行き、韓国と中国にもそれぞれ短期語学留学へ行きました。

— 英語だけでなくたくさんの言語を勉強していたのはなぜですか?

ゆうま
例えば南米を旅していて、現地の人がむちゃくちゃ陽気に話しかけてくるのに意味がわからないのって、なんだか逃した感がすごくあるじゃないですか。だから世界一周をするうえではスペイン語は絶対必要だと思って勉強しました。

韓中は意味合いが少し違います。旅中に知り合う旅人友達には韓国人・中国人が多かったんですが、彼らの中には日本語喋れる人が結構多くて、一方、我々日本人から韓国語・中国語を話すケースは少ないなと。旅をしているうちにそれに気づいて、罪悪感というか、なんとなく申し訳なく思っていました。僕も韓国語・中国語でコミュニケーションを取りたいと思って、旅の最中に語学学校に通うことにしたんです。

— たしかに、海外で出会うアジア人は日本語できる人も多いですもんね。

ゆうま
それから、語学を少し知っていると、ちょっとしたシチュエーションで使いたくなりませんか。

— そうですね。腕試しというか、外国人にも話しかけてみたくなります。

ゆうま
自分の中ではそれがすごく大事だと思っていて。僕自身、普段はコミュニケーションが面倒で嫌だと思ってしまうタイプなので、語学習得は自分を一歩前に動かしてくれる動力になってくれていました。

— コミュニケーションに対するモチベーションを上げるために、語学という引き出しを増やしておくんですね。さすがです!

留学は言語以外に学べることも多い

永崎裕麻さん

— では、ゆうまさんが思う留学の魅力とは?

ゆうま
全く違うバックグラウンドを持つ人が、言語習得というひとつの目的に向かって走るということの面白さでしょうか。そこでの出会いや時間ってすごく貴重だし、言語以外にも学べることが本当にたくさんあります。

あとは、語学留学は考える力を鍛えやすい場所だとも思います。ディスカッションなどを通じて、英語を学んでいるように見せて実は社会問題について考えるというようなこともできます。だから、日本の教育システムの中で不足している部分を、語学教育で拾えるんじゃないかという希望は持っていますね。

「オンライン英会話」になくて「留学」にあるもの

永崎裕麻さん

— 今はオンライン英会話や駅前留学など、日本にいながらでも語学を学べる環境はたくさんあります。そんな中、わざわざ留学をするのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ゆうま
大きいのは、海外留学は自分に新しい価値観をインストールしやすいということです。人は、別の言語を学ぼうとしているとき、いつもと違う感覚というか、始めはなかなかうまくいかないですよね。つまり、ハンディキャップが大きくて軽い言語障害のような状態になるんです。そういう不安定な状態って、実は新しい価値観を取り込みやすくなります。

— 価値観を広げるために、あえてハンディキャップを課すということですか。

ゆうま
はい。いつもと同じ感覚だと、すでにバランスが整っているぶん新しいものを跳ね除けようとするんですが、不安定なほど入りやすくなるんです。さらにそれは、圧倒的に海外生活の方が起こりやすい。パソコンやスマホの画面に向かってだと、情報は得られるけど、価値観までは得ることができませんから。

— 価値観のインストールという感覚はとても面白いですね。

フィジー留学が持つ、常識を揺さぶる2つの要素

永崎裕麻さん
息子さんと海岸にて

— いろいろな国で留学経験のあるゆうまさんが、フィジー留学をおすすめする理由を教えてください。

ゆうま
もちろん他の国でも得るものはたくさんあります。ですが、価値観を大きく変える・広げるには、留学生自身の持っている常識を揺さぶる2つの要素が大切で、フィジーにはその2つが備わっているんです。

— 先ほどの、新しい価値観をインストールするために、あえて不安定な状態にさせるときに必要なものということですか。

ゆうま
はい、その2つとは、「自分がすでに持っている常識と大きく違う文化や習慣」、そして、「それらとたくさん触れ合う時間の担保」です。まず、違う文化や習慣に触れるには単純にある程度の距離を取った方が良くて、アジア圏よりはもっと離れた方が良いです。触れ合う時間を担保するには、長時間付き合ってくれる人が必要です。その2つが揃っているのがフィジーではないかと思っています。

— 距離という観点でいうと欧米留学でもいいように思いますが?

ゆうま
たしかに距離はありますが、先進国の情報って基本的に似ているものが多いんです。日本と欧米で共通していることってたくさんありますよね。

— たしかに、先進国はどこへ行っても便利ですし、情報も多いです。

ゆうま
フィジーは距離だけじゃなく、生活スタイルそのものが大きく違う点がポイントです。また、実は欧米は量の担保もしづらいんですよ。そもそも、英語がしっかり聞き取れない限りきちんとしたコミュニケーションは取りづらく、文化や習慣に触れる時間量は稼げません。欧米留学で学校やホームステイ以外の現地の人と話す機会を作るのも簡単ではないでしょう。

その点、フィジーの人たちは英語をゆっくり、はっきり喋るし、僕らの下手な英語もちゃんと聞いてくれるので、英語初心者でも会話が成立します。学校の先生だけじゃなくて、国全体ですからね、フィジーは。

— フィジーにいると本当になんの前触れもなく街の人が話しかけてきたりしますよね。たしかに、フィジーはゆうまさんのいう「質」と「量」の両方を担保できるのかもしれません。

英語学校カラーズのユニークなスタッフ

— 次に、ゆうまさんが校長を務める英語学校カラーズの特徴を教えてください。

ゆうま
授業の特色としては、マンツーマンを取り入れていたり、生徒一人一人の英語レベルや目的、習得度に合わせたコーチングなどいろいろあります。でも、せっかくなので先ほどの話に関連していうと、我々学校スタッフは、英語の通訳としてではなく「文化通訳」として入っていくことを意識しています。英語をただ聞き取って、そうなんだで終わっていては価値観は十分にインストールされませんから、我々が「今のはこういう意味で言ってるんだよ」と背景を説明して、より理解を深めてもらおうとしています。そういう意味では、マネージャーのケンさん(堤 憲治郎さん)は本当に素晴らしいですよ。

永崎裕麻さんと堤さん
写真左 ピースしているのがケンさん(ビーチクリーンのボランティア活動にて)

— 世界最高齢の留学学校スタッフの方ですね。以前当サイトでもインタビューさせていただいたことがあります(参考:ナゼそこに?九州の地方公務員がフィジーで現地妻をもらい老後移住するまで)。フィジー在住20年でものすごい知識と経験をお持ちですよね。

ゆうま
面白いことに、ケンさんに対する生徒さんからのクレームの内容って「情報過多」なんです。留学学校って通常は、「こんなの聞いていなかったよ」というようなクレームは多いけれど、「情報が過多です」っていうのはなかなかないですよね(笑)。

— 情報過多というと?

ゆうま
彼はもともとすごく話好きな人だし、ホスピタリティ精神もかなり高い。普通、語学学校って人件費削減や効率のことを考え、オリエンテーションなどもなるべく短くしがちです。でも、ケンさんの場合は全く逆。休日も関係なく、学生をいろいろなところに案内してくれていたり、シティツアーを自ら企画してくれることもあります。そもそも時間やお金で動いているという概念がなく、むしろもっと学生と一緒にいたいと思って、供給過多になるぐらい動いてくれています。そういうスタッフがいるのは、学校にとって圧倒的な強みです。

あとは単純に、世界最高齢のカウンセラーで、しかも去年子どもが生まれたって、それだけで学生が帰る時のお土産話になりますよね。「うちのカウンセラー、70歳で情報過多でこないだ子ども生まれて」みたいな(笑)。

— 確かにそれは思わず人に話したくなりますね(笑)。でも、堤さんご自身も、自由にやらせてもらえる環境だからこそ、のびのび働けているのでしょうね。

学生主体の「ボランティアコース」とは

— カラーズはボランティアコースも特徴的だとお聞きしました。よくあるのは、孤児院や福祉施設に行ったり、環境活動をしたりというイメージですが、そういうのではないと?

ゆうま
当校のボランティアコースはまず、自分がやりたいことは何なんだと考えてもらうところから始まります。生徒たちのエネルギーが圧倒的に出るように、学校側が企画したことはあまりやらないようにしています。自分って社会の役に立てるんだということも分かってもらいたいし、思考を具現化するということも実感させてあげたい。だから、学生主体で企画から立ち上げてもらい、僕たちはあくまでもサポートで入る形です。

留学生と現地学生
どんな貢献(ボランティア)が望まれているか街頭インタビューするカラーズ留学生

でも、そんなたいそうなことではなくて、例えば先日やったボランティアなんて「おにぎりを作って地元の人に食べてもらう企画」です。

— 楽しそう。いいじゃないですか。

ゆうま
ここで、普通は考えないと思うんですが、おにぎりを作る際「なぜおにぎりは三角なのか」というのが議論になるんです。

— たしかに、私も考えたことないです。

ゆうま
学生自身、自分が企画したからには一応調べるんです。いろいろ説はあるのですが、神様へのお供え物として山の形というところに神が宿るとか、三角の方が運びやすいから定着しただとか。それを英語で説明しなきゃいけないからまた考える、というように、おにぎりひとつでもすごく能動性・主体性が出てきます。

— そう考えると深いですね。

ゆうま
こないだは、カルタを作って子どもたちと遊ぶ企画もありました。A から Z までの札を作って公園に持っていき、何のアポイントもなくいきなり「I want to play with you!」と叫んで。そうしたら子供たちが集まってくるわけですよ。で、自分で作ったカルタをやると。学生たちはもうカリスマでしたよ、子ども達の。

— 子ども達は喜んだでしょう。

ゆうま
それはもう。企画した生徒さんも、フィジー留学を選ばなければ出会うこともなかったはずの子ども達とカルタを一緒にやって、すごく輝いていました。その彼は、いま連休を使って紙芝居を作っています。誰から言われたわけでもないのに自分で期日を設けて、自分でやりたいことを実際にやって……本当に尊敬します。

留学の失敗は「英語習得できなかったこと」ではない

永崎裕麻さん

— お話を聞いていると、一般的なボランティアより満足感も高いように思います。

ゆうま
まさに。そもそも、留学の最大のリスクってなんだかわかりますか?

— 留学のリスクですか。

ゆうま
「留学の失敗」って、英語が十分に習得できないことじゃないんですよ。一番の失敗は、日本に帰ってから語るべきものが何もないことです。カラーズのボランティアコースは、フィジーの社会と密接に関われるから、語るべきストーリーを作るという意味ではとても貴重なものだと思っています。これからはストーリー格差の時代だから、学生にいい武器を持たせてあげられるんじゃないかなと。

— 帰国後に人に語れるストーリーを作れるって大事ですね。

「変差値」を高め、ライフスタイルをアップデート

— 今後のカラーズの展望を教えてください。

ゆうま
学校としては生徒さんの「変差値」を上げたいと考えています。学力の偏差値ではなく、稀少性という意味の変差値を高めたいです。それ自体は、実はあまり求められているものじゃないのかもしれません。彼らは英語を学びたくて、変差値を上げたいなどとは思っていない。しかし、求められていないとしても、帰国後にそこが価値を持ってくることもあるんじゃないかと思います。

実際、先ほどのカルタを企画した学生さんも、日本にいた時は良い事もなくいろいろと苦しんでいたらしいんです。でも、フィジーで本当に輝くような体験をして、すごく化けたと思いますよ。そうやって学生さん自身が変わっていく姿を近くで見守れて、僕も心から嬉しいんです。

もちろん、生徒さん全員に最適化することは難しくて、合う人・合わない人がいると思います。でも、帰国後に語れる経験をたくさんさせてあげられるようなプラットフォームを、これからも作っていきたいです。

— 英語も習得しながら、フィジーでの生活を通じて「変差値」も高められる学校とはとても魅力的です!これからのご活躍も期待しています。本日はありがとうございました。

100ヶ国を旅しフィジーへ移住「幸せのスペシャリスト」永崎裕麻の軌跡

フィジー留学の魅力って?英語学校COLORS代表 多田祐樹氏インタビュー

ナゼそこに?九州の地方公務員がフィジーで現地妻をもらい老後移住するまで

\ フィジー留学の相談なら /

フィジー留学

フィジーってどんなところ?

費用は?どの学校を選べば良い?

フィジー留学にまつわるご相談を

電話やSkypeで受付中!

毎週末説明会も開催してます!

フィジー基本情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします